トップページ > 会社案内

会社案内|杉本建設

ごあいさつ

平素は格別のお引き立てを賜り、有り難く御礼申し上げます。
杉本建設は「大工の喜八」として創業から現在まで1世紀を越える実績を礎に「信頼と誠実」をモットーとし、お客様に喜ばれ、社会に貢献していくという考えのもとにハイクオリティー&ローコストをめざす企業努力を続けながら今日に至っております。
お陰様で官公庁関連の各種施設、病院、マンション、居宅など民間工事や、耐震・大規模改修、その他土木工事を請負い、優秀なスタッフと施工能力の高さでお得意様のご期待に満足していただける建物をたくさん作ってまいりました。
今後とも様々な建設工事に携わりながら、建設を通じて次代の都市環境づくりに寄与させていただけることを願っております。

代表取締役社長 杉本 洋

杉本洋 代表取締役社長

営業の沿革

 杉本家の屋号は「喜八」と言われています。そして昔から「大工の喜八」と呼ばれていました。
 江戸時代に、大工仕事をしていた杉本藤三郎が請負いを始め、明治初年頃 杉本亥之助、その後、明治24年 杉本吉松の 誕生をもって創業としてから、大正9年に杉本吉松へ継承され、昭和23年 杉本喜代蔵が復員して大工の吉松と共に個人経営の形ではありますが、材木屋・建築請負業「杉本組」 へとその事業を発展させてまいりました。
 昭和27年11月3日付にて大阪府知事登録を受け 同年12月26日に杉本建設株式会社を設立。同時に初代社長に就任。その後、杉本宇之助と続き、平成元年12月20日をもって杉本洋が代表取締役社長に就任、今日に至っています。


社是・品質方針

[努力・貢献・責任]

  • 顧客の要望、ニーズ、夢を大切にし、良く聞いて、それに応えていきます
  • いいものを、より早く・安く・安全に心をこめたものづくりをします
  • 技術を駆使し知恵と情報を集め、創意工夫の努力し、安心の商品、満足できるサービスを提供します
  • コストバランスの中で最高級の品質を提供します
  • 「三方よし」の精神でお客様との継続的なつながりを大切にします
江戸時代 大工の棟梁 杉本藤三郎 大工請負
明治時代 喜八の大工棟梁 杉本亥之助 大工請負
明治24年 杉本吉松の誕生年をもって創業 創業
大正 9年 喜八の大工棟梁 杉本吉松 継承
昭和23年 戦後復員 杉本喜代蔵 建築請負業「杉本組」へ
昭和27年11月 大阪府知事登録 第7938号
昭和27年12月 杉本建設株式会社設立 資本金100万円
杉本喜代蔵 初代社長に就任 杉本喜代蔵
昭和45年3月 資本増資 資本金2,000万円
昭和47年4月 一級建築士事務所登録 第4250号
昭和50年3月 資本増資 資本金4,000万円
昭和51年3月 資本増資 資本金4,800万円
昭和55年4月 土木工事部門設立
昭和57年11月 杉本宇之助 社長に就任 杉本宇之助 継承
平成元年12月 杉本 洋 代表取締役社長に就任 杉本 洋 継承
平成2年6月 関連会社として株式会社喜八組設立
平成6年8月 関連会社として有限会社宇喜八設立
平成10年4月 りんくう営業所開設
平成27年12月 取締役の改選・現体制に至る
平成28年12月 資本増資 資本金8,000万円